京都の高雄へ(全部で7ページあります)

今日は京都の高雄へ紅葉を見に行ってきました。
『もみじと言えば高雄』って言うのは有名な言葉です。

1.日時:2003/11/15土曜日

2.交通のご案内(大阪駅からの場合です。 JR京都駅からはJRバスで行けます(約50分)。)

  JR大阪駅から
  阪急電鉄梅田駅 〜 阪急京都線の特急へ乗車(特急料金いらない) 〜 阪急大宮駅下車(地下)
  地上に上がって 近くの交番横のバス停 四条大宮(のりば7)にて市バス”高雄行き”へ乗車(終点で下車)
  バス停あっちゃこっちゃにありますので注意しましょう。
  (そばのJRバスでも高雄に行けます。)

  紅葉のシーズンは直行臨時バスが出ていてラッキーなことにそれに乗れました。
  (直行の臨時バスで所要時間35分程度でした。¥500円です。距離にしては安いと思います。)

  京都市バスのホームページで乗り場付近の地図,時刻表が掲載されています。確認して行きましょう。
  JRバスは自分で調べてね(ゴメンちゃい)

3.場所:京都府 京都市 右京区 梅ヶ畑 高雄町
      ガイドブックやマピオンを見てもらえば分かりますが,結構山の中です。周りに鉄道なんかありません。

4.今回の目的地:

  1)神護寺(じんごじ   → 今回のメイン。広くて紅葉の名所。人がめちゃいっぱい)
  2)西明寺(さいみょうじ → 人が少なめ)
  3)高山寺(こうざんじ  → 人がめちゃ少なめ)

  1〜2間は歩いて約10分,2〜3間も10分ぐらいです。
  それぞれ入寺料いりますが,折角なんで全部見てきました。

5.ここから日記

  バスはしばらく京都市内を走り,それから山道へ。道が狭いのに運転手さんご苦労様です。
  終点のバス停高雄(結構山の上)を降りました。
  『ん? まっすぐ歩くの?それとも 後ろ方向?』
  と 間違えそうになりましたが 近くのお店の横に下っていく道がありました。
  目の前に広がる風景! 絵になります。 今思えばここから見る紅葉が一番ステキでした。

  目の前にもみじの世界が広がります。                人はもちろん多いです。
 

      でゎ次へ行きましょうぱそみがえる
川の音は心が洗われるようです(笑)  この川 清滝川って言うんだって。